スポーツと心

 頑張れ、頑張れ、負けるな、命がけだ ネバーギブアップ、諦めるな、勝とうと思う気持ちが 強い者が勝つ、一日一日が勝負だ  これらは中学校のクラブ活動から、プロのスポーツ選手に 至るまで、こんなことを念じながら、叫びながら、毎日を過ごす  これって疲れる。こんな生き方、本当にいいの。
コメント:0

続きを読むread more

軍拡競争

 戦争を防ぐためには、他国に劣らぬ軍備が必要だと言う。 人が人に危害を加えないのは、「その人が私より力がありそう だから。」の理由であるならば、余りに虚しいではないか。  人は人の尊厳を確かめ合い、相手の痛みを思いやるから 大切にしあうのではないのか。  力関係で生きているのではない。  軍拡競争しな…
コメント:0

続きを読むread more

この世は不条理

この世は不平等、不条理なもの 鹿はライオンに食べられるだけ ライオンからなんの恩恵も受けることはない この世の仕組みは人間に分かるものではない 大きな心で、自分を相手を許そう
コメント:0

続きを読むread more

親鸞の言葉

 苦悩の旧里は捨てがたく 安養の浄土は恋しからずそうろう。  苦悩の源、それは自分自身、古くから大事に思い込んできた自分の中の 捨てるべきものに固執し、いつまでも苦しみ続ける道を選ぶのか きっぱりと惜しげなく捨て去って、本来の身軽で自由な生き方を選ぶのか。
コメント:0

続きを読むread more

一政党だけに勝たせると

 一政党だけに圧倒的多数を与えると 主役は市民ではなくなる。 市民自らが、主権をある一人の人物、あるいは一組織に 譲っているのである。  かって、日本人は政治にはバランスが大事であることを 過去の過ちにも照らし合わせ、投票行動をしていた。 昨今はそれとは裏腹に、強く勇ましい言動を為す者にだけに …
コメント:0

続きを読むread more

本日をもって

 本日(2017年1月15日)をもって生まれ変わる。  今、生まれ変わらねば、もう後がないのだ。  私、中山勝己は自分のプライドを守るため、汲々としません。  かっこ悪い自分でいいじゃないか。その方が楽だよ。 木野山様のおみくじにも書かれていた。  「ふいて除けましょ、心の誇り、それがさびつきや身の破滅」
コメント:0

続きを読むread more

損得勘定

1000円損した、10000円損したなどと、捉われていても もうすぐ来る、命ごと、根こそぎ奪われるときが お金ばかりではない、なにかに捉われていても 根こそぎ、なにもかも無くなるのだ。心せよ!
コメント:0

続きを読むread more

これからは軽ーるく、楽しく、人の目を気にしないで。

 私は負けず嫌いが過ぎている。人にいろいろ大きく見せたい。人より勝っているように見せたい。 これは幼い頃から決して認められることのなかった育ちからきていると思う。 母親から受けた、暴力による虐待、雪の積もっている田んぼに逃げたときの足の冷たさ。 幼友達の見てる前でも暴力は行われた。お母ちゃん、堪えてと懇願しても、自分が…
コメント:0

続きを読むread more

参院選

 金持ちは自民に投票すればより金持ちに 貧乏人は自民に投票して、より貧乏になろう。 自民党は「格差は広がっていない」と言っている。 その感覚が頼もしい限りだ。
コメント:0

続きを読むread more

参議院選挙公示日

 安倍自民党に入れる人の気持ちが分からない。 私利私欲に集まる団体のように思われてならない。 社会の底辺の人達のことなんか、何とも思っちゃいない。
コメント:0

続きを読むread more

イラン革命とイスラム主義

1979年  イスラム革命により王政が打倒される。アラブ諸国でもイスラーム 主義が活発化しねその一部は、武力闘争による体制の打倒を志向 するようになる。この年にはサウジアラビアのメッカの聖モスクを過激派 が占拠し、武力で排除される事件が起こった。  79年暮れには、ソ連がアフガニスタンに侵攻した。アフガニスタン…
コメント:0

続きを読むread more

1952年 ナセルのクーデターと民族主義

 アラブ諸国で植民地主義に対抗する民族主義の高揚の時期を代表するのが 1952年にエジプトのナセル中佐が指導した、自由将校団によるクーデターで あるるナセルのクーデターは、王政を打倒し、実質上の支配を維持してきた英国軍 の排除を導いた。そこから、アラブ世界全体に民族主義と反植民地主義の理念と と運動を伝播させ、軍…
コメント:0

続きを読むread more

中東における転換点というべき出来事

1919年 ちょうど100年前の1914年、第1次世界大戦が勃発した。 戦後、オスマン帝国領だったアラブ人居住地域は、解体、分割 された。その過程で、アラブ人は、単一の国家にまとまれず 複数に分裂して独立する。他方で中東の4つの国に少数派として 住むクルド人は、一つも国家を得られなかった。その事が中東の …
コメント:0

続きを読むread more

樹木種類 柊木犀

樹木検索君による  常緑樹→小高木→単葉→対生→葉の大きさ中(7.5~15.5cm) →卵形楕円形→鋸歯有→羽状脈→側脈は直線的に鋸歯に入らない  写真判定→ヒイラギモクセイ
コメント:0

続きを読むread more